メル友サイトの落とし穴って?

メル友サイトの多くな特徴、かつ大きなメリットといえる要素、それは、未成年者であっても「お友達づくり」のために中高年のための無料メル友サイトに登録することができるというものです。
端から「アダルトな目的のため」にサイトにアクセスした人にとっては、メル友サイトはやや不適なものであると言えるかもしれません。
しかしながら、世の中は広いですから、なにも「セックスをしたいがためだけ」に出会い系サイトを利用しているわけではないのです。
サイトを利用している目的はまさに千差万別。
そういう前提があるからこそ、通常の出会い系サイトとメル友サイトを、自分の目的に合わせて使い分けるべきだと思うのです。

例えばこれは少し極端な例ですが、セフレを作ってセックス三昧の日々を送りたいともくろんでいる人が、未成年者が多く利用するような「ソフトな」メル友サイトに首を突っ込んで出会いを求めても、おかしな形でひんしゅくを買うのがオチです。
望んでいるような出会いは実現できないでしょう。
セフレが欲しいのであれば、同じように「セフレが欲しい」という願望を持って出会い系サイトを利用している人が多く集うサイトに移行すべきです。
出会い系サイトと一口に言ってもその特性はさまざまあって、自分と同じ目的でサイトを利用している人が集まる場所というのは必ずあるものだから。

メル友サイトが、未成年者でも利用できるコミュニティーサイトの側面を持っているということは、すでに多くの方がご存じのとおりだと思います。
けれども、決して子供向けのサイトではないという点にご用心。
もうすぐ三十路に差し掛かろうかという人の中にも、切実にメル友が欲しくてたまらないという人はいます。
けれども、年齢の問題以上に気をつけてほしいのは、未成年者でも利用できるサイトであるイコール安全とは限らないという点。

これはよく誤解する人が多いのですが、未成年者が多く利用するから、アダルトな話題が少なくて安全というのは誤解です。
メル友サイトにも、いわゆるサクラはうじゃうじゃいます。
むしろ、未成年者の中にはネットの危険性について正しい知識を持っている人が少ないので、こういったメル友サイトに集まる人たちこそ、悪徳サイトを運営している者たちからすれば「カモ」なのです。

出会い系サイトの世界でしばしば耳にする詐欺の被害は、全てメル友サイトにもあてはまるものであると留意してください。
くれぐれも油断することがないように。